膝痛(膝の痛み)原因・症状>変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは膝の関節にある軟骨が
磨耗して関節炎を発症、そして痛みが起きる疾患です。

症状が進行すれば日常生活にも
支障をきたして手術が必要になるケースもあります。
sponsored link


変形性膝関節症の症状

◆初期・中期
「初期」
自覚症状は特にありません。

「中期」

軟骨の磨耗が進んで関節炎が出ます。
これにより以下の症状が見られるようになります。

・動作時痛
階段の昇り降り、歩行時に痛みが出ます。

・可動域制限

膝の伸縮に障害が出ますので、しゃがみこむ・正座などが出来なくなります。

・関節水腫

俗に言うところの「膝に水がたまる」状態です。
「水」というのは関節液のことで、ある程度溜まれば体外に排出することが必要です。

◆進行期

軟骨は更に磨耗して、骨が変形してしまう骨棘(こつきょく)や
軟骨下骨(なんこつかこつ)が飛び出てしまうこともあります。

骨が直接ぶつかり合う為に激しい痛みが出たり、
膝の曲げ伸ばしが非常に困難になり、日常生活さえもまともに遅れない状況になります。

変形性膝関節症の検査と治療

レントゲン検査やMRI、関節液検査、血液検査などで骨や病気の状態を調べます。

骨そのものに原因がある場合もありますし、
それ以外のものが原因になっていることもあります。

治療は保存療法または手術療法によって行われます。
sponsored link

Copyright(C) 2011 膝痛(膝の痛み)原因・症状 Allrights reserved.