膝痛(膝の痛み)原因・症状>膝サポーターの選び方

サポーターを有効活用!

膝に痛みが出ている場合、
膝を固定すると痛みが楽になります。

この際に使うのが「膝サポーター」です。
sponsored link


膝サポーターの種類

膝サポーターには保温ができるサポーターと固定が目的のサポーターがあります。

症状や目的別に作られている膝サポーターが多数ありますから選ぶのも一苦労ですが
自分の目的に合ったサポーターを選ぶことで症状改善のスピードが変わります。

膝サポーターの選び方

◆保温ができる膝サポーター
筋肉は冷やすと固まってしまいます。
ですから、デスクワークが多くエアコンに当たる機会が多い方や
寒い時期には保温ができるサポーターを選ぶといいでしょう。

◆固定ができるサポーター

スポーツをしている方や歩く機会の多い方は
固定できるサポーターを選ぶといいでしょう。

膝に痛みがあると走ることも歩くことも難しくなります。
膝を曲げることも伸ばすこともできなくなってしまうからですね。

膝に痛みが出たら、病院で原因を特定することも大切ですが
まず膝に負担をかけないようにする環境が必要です。

だから膝サポーターが必要なのです。
膝サポーターをつけている・つけていないのでは、
筋肉の固まり具合がまったく違うとも言われています。
自分の症状に合った膝サポーターで膝を守ってあげましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 膝痛(膝の痛み)原因・症状 Allrights reserved.